行政書士の開業・集客・営業を支援!低価格で売上アップにつながるホームページを制作!行政書士向けのブログ型ホームページ作成サービス。

行政書士アシストBLOGはIT導入補助金に対応いたしました。詳しくはこちらをクリック
HOME » コンテンツマネジメントシステム(CMS)とは?

コンテンツマネジメントシステム(CMS)とは?

ホームページを運用するのに専門知識はもう必要ありません

ホームページの「作り方」ではなく、「使い方」を身につけましょう!

ホームページを運用するためにはHTMLやCSS、プログラミング等の知識が必要になるとお思いかもしれませんが、そんなことはありません。

私たちが提供するホームページはブログ型(CMS)での提供となります。HP作成専用ソフト等も一切必要なく、インターネットブラウザさえあればお客様自身で簡単にページの編集や追加が可能です。

ホームページの作り方を一から身につけるためには多大な時間と労力がかかります。プロのWEBデザイナーを目指しているのであれば話は別ですが、行政書士に必要なのはホームページの作り方ではなく、ホームページを使ってビジネスチャンスを獲得し、より多くの人の役に立てつことではないでしょうか。

ホームページの作り方を覚えるのではなく、WEB戦略、広告戦略、検索エンジン対策などのホームページ運用法をぜひ見につけていただきたいと思います。

CMSなら誰でも簡単にWEBサイトを更新・管理することができる

コンテンツマネジメントシステム(CMS)とは、HTML(XHTML)+CSS(+Ajax/JavaScript)などのような、Webページを作成するための専門知識を必要とせずに、Webサイトのコンテンツ管理を実現する仕組みである。そのため、お客様自身でコンテンツの追加や変更等を行うことができます。そのため、ページの更新を制作会社に依頼する必要がなくなります。

CMSを利用することで、ホームページ運用を非常に楽で便利なものにしてくれます。ページ追加のたびに行うナビゲーションリンクの設定やファイルのアップロード等も必要なくなります。インターネット上の管理画面からコンテンツの編集を行うとすぐにホームページに反映されます。

CMSのメリット

ホームページの運用を簡単で便利にしてくれるCMSのメリットを下記にまとめました。
この便利なホームページ運用ツールを利用することで、時間や労力、費用を抑えることができより成果を上げることにフォーカスすることが可能になります。

  • 専門ソフトがなくてもなブラウザのインターフェイスで素早く、更新できるということ。
  • HTMLなどのスキルが更新する事に関して、ほとんど必要がないこと。
  • コンテンツが増えることでSEOの効果も見込めるということ。
  • 更新作業が楽になり、更新時間も大幅に短縮できる
  • ホームページ作成ソフトも不要
  • サイト内のナビゲーション(左メニューなどのリンク)や、新着情報など、必要なリンクの更新は、全て自動的に行われます。
  • CMSによって更新が出来る箇所やページは、更新費用が掛からない
  • 制作会社に頼ることなく自分でホームページの更新ができるのでランニングコストを抑えることができる
  • ホームページに統一感が演出でき、サイトのイメージが向上する
  • リンク切れもなくなり、ユーザビリティが向上
  • インデックスページへの反映等も自動化される
  • Web標準に則ったアクセシビリティの高いサイトになる
  • デザインとコンテンツの分離によりSEO対応も正確にできる
  • レイアウトやデザインを意識する必要がない。
  • 投稿した記事の訂正・削除・追加は自身でいつでも繰り返し行える。
  • すばやい更新、修正が行なえるようになる
  • 文書構造を保持できるから、検索エンジンにも有利
  • RSSの標準装備

CMSにより低価格でのサービス提供を実現

このCMSツールにには小規模なものから大規模なものまで多くの種類があります。私たちが提供するサービスでは、Wordpressというオープンソース(無償)のブログ型CMSを採用しています。Wordpressはもともとブログ用に開発されたものですが、拡張性や柔軟性も高いため使い勝手が良く多くのビジネスホームページで利用されています。
作業効率を大幅に向上させてくれますし、メンテナンス性にも優れています。

行政書士にとってのCMS導入のメリット

行政書士のホームページははその業務の性質上

  • 通常のホームページに比べ情報量が多い(業務や法律・制度の解説などが必要になるため多くのテキストコンテンツが必要)
  • コンテンツの多くはテキスト(文章)ホームページの統一性を維持するのが大変
  • サイトのボリュームが大きいため、ページの追加や更新作業に非常に労力がかかる
    (1ページ追加するたびに、全ページへのナビゲーションリンクの追加が必要になり面倒)
  • 業者に頼んだ場合、コンテンツが多いためその分制作費用も高くなる
  • コンテンツの追加も多いためその分更新費用がかかる

という面があります。

しかしCMSを利用すればこれらの問題を一気に解決することができます。

CMSのメリットはたくさんありますが、行政書士にとってCMSを利用する最大のメリットは、

  • ページ・コンテンツの追加にかかる労力を大幅に削減できる
  • サイトの統一性・信頼性を保つことができる
  • コンテンツ追加のたびに費用がかからないので、ランニング費用を抑えることができる

これからのホームページ運用はCMSでの運用が基本

ホームページ運用の比較

CMSを採用していない場合 CMSを採用している場合
HTMLの知識 必要 不要
作業負担 多い 少ない
更新費用 業者に依頼した場合かかる 不要
ページ公開にかかる時間 かかる かからない
リアルタイムな情報提供が可能
専用ソフト 必要 不要
ナビゲーションの追加 手動 自動
リンク切れチェック 毎回必要 自動のため不要

CMSでホームページ運用にかかる労力や時間、費用を大幅に削減できることで、ホームページの運用が楽で便利になります。その結果、コンテンツ作成に注力することができるようになり、より良いコンテンツの提供が可能となります。訪問者により良い情報提供ができるようになることで検索エンジンからの評価も高まり、集客力や成約率も高まり、ビジネスチャンスの拡大につながるのです。

お問い合わせはこちら