行政書士の開業・集客・営業を支援!低価格で売上アップにつながるホームページを制作!行政書士向けのブログ型ホームページ作成サービス。

行政書士アシストBLOGはIT導入補助金に対応いたしました。詳しくはこちらをクリック
HOME » アクセス解析ソフト設置

アクセス解析ソフト設置

GoogleAnalytics高機能で無償のアクセス解析ソフトGoogleAnalyticsを設置

当サービスにはホームページ運営に欠かせないアクセス解析ソフトの設置も含まれています。

アクセス解析ソフトにはGoogleが無償で提供する高機能アクセス解析ソフト「Google Analytics」を設置します。

お客様にGoogleAnalyticsのトラッキングコードを送信いただき、サイト全体に設置します。

トラッキングコードは訪問者のアクセス情報を追跡するために必要となるコードです。
下記はトラッキングコードの例になります。

<script type="text/javascript">
var gaJsHost = (("https:" == document.location.protocol) ? "https://ssl." : "http://www.");
document.write(unescape("%3Cscript src=’" + gaJsHost + "google-analytics.com/ga.js‘ type=’text/javascript’%3E%3C/script%3E"));
</script>
<script type="text/javascript">
try{
var pageTracker = _gat._getTracker("UA-xxxxxx-x");
pageTracker._trackPageview();
} catch(err) {}
</script>

※下線部の「UA-xxxxxx-x」の部分はGoogleアカウントによって異なります。

成果を出すために、PDCAサイクルを

成果をきちんと計測・検証できなければ意味がない。

PDCAサイクルとは、PDCA(Plan:計画→Do:実行→Check:検証→Act:改善)と製品の販売活動・研究開発や経営・運営など様々な事柄や物の品質を高める手法の一つです。

ホームページは作って終わりではなく、作ってからが勝負です。ホームページでもこのサイクルを回しながらホームページをよりよいものへ育てていきます。
アクセス解析を設置することによりサイトを検証することができます。成果をきちんと計測しなければこのPDCAサイクルは機能しません。

PDCAサイクル

アクセス解析ソフトを導入することで訪問者が「どういった経路で」「何を求めて」「どのページを見て」「何をしたのか」という動向が分かるようになります。
これによりホームページが持つ弱点や改善点などが見えてくるのです。

ホームページの現状をしっかりと把握し、次の対策を考えていかなければなりません。

アクセス解析ソフトを活用することでPDCAサイクルを回しながら、問題点を発見・改善しさらなる成果を目指すべくホームページをより良いものへと育てていくのです。

もしアクセス解析を導入しなかったら成果の検証ができません。それではやみくもにホームページを運営することになってしまい、時間や労力ばかりかかってしまうことになります。

アクセス解析ソフトで分かること

アクセス解析ソフトでは下記のように訪問者の動向を細かく分析することができます。

  • 訪問者はどれくらいか?
  • 新規訪問者なのか、リピーターなのか。
  • リピーター比率はどれくらいか?
  • 広告からどれくらい誘導できているか?
  • 閲覧ページ数は何ページか?
  • どのコンテンツがよく見られているのか?
  • どこからやってきたのか?
    検索エンジンかもしくは他のサイト?
  • どんなキーワードを使って検索したのか。
  • 使用している検索エンジンは?
  • ホームページの滞在時間は?
  • 直帰率はどれくらいか?
  • 平均ページ閲覧数は?
  • 見込み客は全体のどれくらいか?
  • 離脱ページは?
  • アクセスが多い地域は?
  • ユーザーフローは?
  • どの時間帯がアクセスが多いのか?

アクセスカウンターでは、このようなアクセス情報の詳細まではわかりません。また、問題発見につながりませんので、もし現在ホームページを運用中でアクセス解析ソフトを導入していない方はすぐに導入することをお勧めします。

また、カウンター感覚でトップページだけにアクセス解析用のタグを入れ込んでいるかたもいらっしゃいますが、これではサイト全体の状況を把握できませんので、意味がありません。訪問者はトップページ以外からも訪れます。ホームページ全体にアクセス解析用のタグを仕込んだ上で、きちんとアクセス状況を把握する必要があります。

訪問者の動向をきちんと把握することが大切です。

訪問者のニーズを読み取り、ホームページ運営に活かしましょう

アクセス解析を見て終わりではいけません。解析結果からきちんと問題点を読み取り、運用を続けていきましょう。
アクセス解析ソフトを導入したけど、問題点がどこなのか?何を改善していけばよいのか全く分からない。とお考えの方もいらっしゃると思いますが、ご安心ください。
当サービスでは公開後にホームページの定期診断を行います。その際にもこのアクセス解析レポートをお客様に提出していただきます。そのレポートから私たちが問題点がどこなのかを分かりやすく解説しながら、改善アドバイスを行ってまいります。

お問い合わせはこちら